2015/12/05 11:40

2015年はSTARWARSイヤーですね。

2月に、幸運にもSTARWARSデザインのアイフォンケースを作らせていただくことになりました。

それも4月から六本木ヒルズで始まるスターウォーズ展に間に合わせるようにとのこと。

よし!と思い翌日からプロジェクトをスタートしました。

デザインは基板との相性を考え、機体設計図デザインにしようと即決。そりゃエピソードⅣから出ている機体にしなきゃいかんでしょ、ということでX-WINGかミレニアムファルコンにするか、と悩んだがキュートなR2ーD2が搭乗しているX-WINGに決定しました。

いただいた線画集からX-WINGの機体、R2をデザインし、説明書きでびっしりに仕上げました。徹底的に愛情を込めたデザインにしました。

プリント基板なので当然基板専用のCADでデザイン設計をしないといけません。X-WINGやR2のデザイン電子データをそのまま使えたらいいのですが無理なんです。使えないんです。マウスで線(配線パターン)を一つ一つ引いていく気の遠くなる作業の連続。基板のプロフェッショナルかつデザインセンス、根気が無ければ出来ない作業です。しかし4月のスターウォーズ展に間に合わせなければという思いで超特急で設計しました。デザイン完成!と思ってデザインチェック(チェックは米国)を依頼すると2カ月後に返事が来ました。すでにスターウォーズ展は始っていました。しかも17か所も修正依頼が・・・・・(X-WINGは完ぺきでしたが)。修正し、デザインチェックを再度依頼。また2ヶ月後。今度はOKをもらい、試作を作り、量産許可も出ました。時は流れ・・・11月5日にやっと発売できました。

11月から始まりましたそごう美術館でのスターウォーズ展のミュージアムショップにも取り扱いされていますよ。

あ、そうだ。正式名称は「FLASH STAR WARS 基板アートiPhoneケース」と言います。

FLASHなんです。iPhone自身の発する強い電波を電力に変換し赤色LEDが光る機能付きです。通常は光らず強い電波を発したときに光りますよ。「FLASH STAR WARS 基板アートiPhoneケース」ではR2が搭乗するポジションに実装されているLEDが光ります。

STARWARSロゴの入った専用ギフトボックスに梱包いたします。日本製です。

12月18日からいよいよ映画が上映されます。本業は基板設計製造業者が作った本気のiPhoneケース。クリスマスプレゼントや正月のギフトにいかがでしょうか。日本のみの発売なので海外にいる友人へのギフトにもどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)